神崎ミリアムの掃き溜め

二ノ国の二次創作メインです。たまにモンスト等も。

【二ノ国バイオハザード】死者

皆さん、おはこんばんちは!神崎ミリアムです、はい。
最近投稿出来ず、申し訳ありません。
なのでpixivから、バイオハザードとのダブルパロ小説を載せます!!今回も相変わらずグロいです。気を付けて下さいね!!
それでは、どうぞ!




ババナシア王国にて
side.マル

オリバーがレイナスを正気に戻してから、世界は平和になった。
灰に侵されて被害の大きかった故郷、ババナシア王国も徐々に活気を取り戻して、今ではまた商人の元気な売り声や音楽が聞こえてくるまでになっている。そんな故郷に戻った私は、店先でハープをいじっていた。
爪弾くごとに甦るのは、オリバーたちと旅をした記憶ばかり。
ロン、ロンとかきならすと、やはりこの美しい音をまた皆に聞かせたいと思う。私は顔をほころばせて、旅の思い出に浸る。
すると、視界の端に何か赤いものが映る。
気のせいだろうか。そう思い、家の中に戻ろうとすると、急に周りが薄暗くなった。
見上げると、空は灰が降ったあの時のように曇っていた。
赤いものは灰だった。
赤い灰が降ったその時、突然周りの人達が1人、また1人と倒れ始めた。
倒れなかった人も居たが、彼らもまた異変を感じ取っていたらしい。倒れた人を介抱しようとしていた。
以前灰が降ったときは全員異形の魔物に変化したが、今回はどうなのだろう…そう思い暫く周りを見渡していると、悲鳴が上がった。
悲鳴の主の元まで行ってみるとそこには、


人が、人を噛み殺していた。

辺りには、おびただしい量の血液が撒き散らされていた。
私は、あまりの光景に吐気を覚える。
それでももはや動くことのない悲鳴の主を見ると、何故かあちこちが噛みちぎられている。首は特に酷く、骨が見える程だった。
すると、低い呻き声が聞こえた。それも至る所からだ。
私は、ハープを握りしめ、家に逃げ込もうと走り始めた。


家まであと少しという所で、大量の人に囲まれてしまった。口元が血で汚されており、身体の至る所が腐り落ちている辺りを見ると、灰によって倒れてしまった人達の末路なのだろう。
恐怖のあまり、指が動かない。
ああ、私はここで死ぬのかな…
せめて、オリバーたちに会いたかったな。
私は、死を覚悟して、目を閉じた。

「諦めないで!」
突然そう言われたかと思えば、まばゆい光が差し込んできた。誰かの光魔法だろうか、光が収まった頃に目を開けると、そこには緑の長い髪に白い長マント。
レイナスがそこに居たのだった。








ババナシア王国、マルの家にて
side、ジャイロ

「…という訳なの」
一通り俺達が来るまでの話を聞いた時、俺はある考えが浮かび始めていた。
もしかしたら、ゴロネール王国も灰に侵されているかもしれない。
何しろ、以前灰が降ったときも、ゴロネール、ババナシア、ボーグの三国に降っていたからだ。
すると、レイナスが懐から手帳を取り出した。
「そう言えば私、道中でこんなものを拾ったんです。この中には、あの赤い灰の事について書かれていました。何か分かればいいのですが…」
その黒い手帳は、砂ぼこりで汚れてはいたが、とてもしっかりとした素材で出来ていた。砂ぼこりを払って読んでみると、几帳面な字で書かれた日記であった。


『○月○日
たまたま行った異世界で、驚くべき物を見つけた。
それは活性死者、いわゆるゾンビである。このゾンビはT-ウイルスというものに感染した人間の成れの果てで、特徴は以下の通り。
その1、身体が傷つきにくくなる
その2、その副作用で知性、理性などが無くなる
その3、同じく副作用で、大量の食料が必要になる(なお、この時の食料は人肉も含まれる)
破壊するには、頭、脳のある所を撃ち抜いたり、切断するなど、とにかく生命活動を停止させること。これを、古の禁呪「聖灰」に組み込めば、世界を滅ぼすことも夢ではない』
一ページ読んだだけで、吐き気がしそうだった。異世界にはこんな胸糞悪いものがある、そんな事実が憎たらしかった。
更にページをめくると、今度は怒りしか湧かなくなった。
『これは、復讐に使える。僕の母を、父を殺した奴らをゴミに出来る。』
持ち主はどうやら復讐をしたいらしく、あとは彼らに対する恨みつらみばかりであった。
「…これは、止めなければならないでしょうね。」
ラースがぽつりと呟いた。
するとそれに加勢するように、
「そうなると、オリバーを呼ばなきゃ、だよね。」
とマルが言った。だが、問題は誰がゲートのルーンを描くかだった。
レイナスとラースは描けるが、発動させたことは無い。ある意味賭けに近いものだ。
「ルーンを描きましょう、話はそれからです。」
俺が考えているとき、決意した顔でレイナスが言った。
全く、どうにでもなれ。
そう投げやりな気持ちになった時、ゲートが開き、俺達は一ノ国へと走り出した。


続く



ごめんなさい、レイナスが男らしい。

【二ノ国二次創作】二ノ国+バイオハザード

おはこんばんちわ、神崎ミリアムです。

今回はpixiv に載っけている小説シリーズの1話をのせます。

そして、グロテスクな描写があるのでご注意下さい。

それでは、どうぞ。

注意:この小説はバイオハザードシリーズの設定を入れながら作られたダブルパロディ作品です。
作者の調査不足&キャラの都合上登場するクリーチャーは基本ゾンビのみです。
描写不足により、ここわからんというところがおそらく有ります。そしたらコメントにてお知らせくださいませ。

それでは、どうぞ。

 

[あらすじ]

灰の女王を倒し、平和になった二ノ国。人々は平和な生活を楽しんでいた。
マルは父・ソロンの店を手伝い、ラースは皇帝として国の再建を進めた。ジャイロはラースの使いとして人々に物資を分け与えたり、他の国や町とのパイプ役となり国の再建を手伝っている。シズクはニコとプッチとともに後進の育成にあたっていた。
だが、その平和も長くは続かなかった。

二ノ国の多くの国、町に赤い灰が降り注いだのだ。

すると住人は瞬く間に生きる死者と化した。彼らは生き残った人々を噛み砕き、恐るべきスピードで増えていった。
そんな二ノ国を救うために、そして生き延びる為に、オリバーたちの闘いが今、始まる___!

 

 

side .ラース、ボーグ宮殿の自室にて

「ラースっ!」
そう言って乱暴に扉を開ける男は一人しかいない。ジャイロ__私の兄で、今は部下でもある。
ジャイロもとい兄さんは扉を閉め、息を切らしながら愛銃・リアルフェイクを構えていた。
「ラース…一旦テレポートでマルのとこ行くぞ」
何があったのだろう。銃を握り、そう告げる彼の手は激しく震えていた。兄さんの様子を見る限りこれは一刻の猶予も許さない状況なのだろう。最近は公務以外では外出しない私は街の様子が気がかりだった。
「お前、剣術か槍術習ってたよな?」
「…剣術なら」
兄さんは私の答えを聞くと、腰に下げていた双振りの剣のうち片方を鞘ごと私に投げた。何故か剣には血が付いているが、気にすることはできなかった。
確かに習ってはいるが、敵を倒すためというよりは王族のたしなみのような感じで習っていたため、あまり上手ではない。…魔法が効かないのだろうか。
そう思案していると、兄さんは私にテレポートを発動させるよう合図してきた。
テレポートを発動させる簡易的な詠唱を最後に、私たちはボーグ宮殿を後にした。

 

side .ジャイロ、ババナシア王国にて


俺たちがテレポートした先は、仲間の一人、マルの故郷であるババナシア王国だった。
砂漠地帯のオアシスで、いつもならば商人や人々の声や音楽で賑わうこの街も、既に赤い灰の餌食となっていた。…手遅れだったか。
さすがのラースも言葉を失う。自分の知らない間に街が得体の知れぬ何かに侵されていたのだから無理もない。
俺は銃を改めて握り直して、マルの家へと向かった。
街の中を歩いて見る限り、生き残った人は見つからない。建物の中にこもっているのだろうか、街はとても静かだった。
聞こえてくるのはあの生きる死者どもの低いうめき声位で、何も聞こえて来ない。不自然な位に、だ。
そして、多くの人が被害に遭ったのか、建物の外壁にはおびただしい量の血が付いていた。どうやら被害は想像以上に大きいらしい。
うめき声は聞こえてくるが、彼らは現れない。現れないに越したことはないが、それが一層不自然だった。
すると、ラースの背後に迫る死者の姿が見えた。ラース自身は気付いていない。人を撃ちたくはないが、仕方ない。俺は銃口を死者の頭に向け、照準がぶれないうちに引き金を引いた。
その後、ラースの手をとりマルの家へと急いだ。今はマルの家に着けばそれでいいのだから。最早頭は考えることをやめ、マルの家に一刻でも早くつくようにと足を速めていた。
無事でいてくれ、頼む。お願いだから、喰われないでいてくれ。祈る気持ちで着いたとき、マルは店先で手を振っていた。彼女は何時もの美しい花飾りのついたハープを抱え、息を切らしていた。
その隣には、白いマントに白銀の冠、緑の長い髪をまとめた碧眼の女性がいた。
レイナス、古代の王国の女王であり、強大な力を持つ魔法使いでもある。彼女が動くと言うことは、もしかして二ノ国は…。
俺はそこで再び考えることをやめた。俺たちはマルの家の中に入った。

(続く)

はじめまして。

どうも、神崎ミリアムと申します。ここでは二ノ国の二次創作や日々の出来事などを描いていきます。

一応pixivやってました。ですが、退会させられそうなので、かいてた小説の続きを載せていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

あいさつついでにモンストよりジョン万次郎を。

 

メディバンにも投稿しております。f:id:yam7522:20170405194027j:plain